契山館 東京支部のブログ

東京が危ない! 霊的な環境の悪化が進む中で、最後に残された解決策はただひとつしかない。それはあなたが霊的な真実を知り、目覚め行動することである。

最近、うちの近くに新築の家が建ちました。
以前住んでいた方が土地を売却したらしく、いわゆる建売住宅として販売しています。

古い家を取り壊し、土地を整備し、基礎工事をし、その後やっと家の建築です。
家ができた後は、門や駐車スペースなどの外構工事をして完了です。

当然のことですが、工程ごとに専門の職人さんがいますので、何か月もの間入れ替わり立ち替わりして、
大勢の人の手によって1軒の家が完成しました。
今年の夏は特に暑かったので、職人さんも大変だったと思います。
そして今は、土日には不動産業者と思われる人が張り付いて、内覧者を待ち受けています。

土地や建築資材も高いのでしょうが、あれだけの労働力を必要とし、儲けも入れなければならないと
なると、家が何千万円もするのは致し方ないのかなと思いました。

戸建てにしろマンションにしろ、持ち家にしろ賃貸にしろ、家がなければ生活できません。
住宅ローンや高い家賃を払うために、汗水たらして働かなければならないのは虚しいわけではありませんが、
なんとも複雑な気持ちです。
その分のお金を他のことに使えたらなぁ、などと思ってしまいます。


生活のために重要な家ですが、なんと、あの世では念の力で家を作ることが出来るそうです!
この世では住宅でこんなに苦労しているのに、あっという間に家ができるなんて!

もっともあの世では寝ることも、食べることも、休息をとる必要もないので、家は本当は必要ない
のかもしれません。
しかしこの世での習慣で、どうも家がないと落ち着かないらしく、大抵の人は念で家を作って住んでいる
ようです。
そして、念の力で家を壊すこともできるそうです。
なんとも不思議な世界ですね。


このことを知ってから、あの世に行ったら念の力で豪邸を建てようと目論んでいます。
そしてたくさんの犬や猫と暮らしたいなどと思っています(笑)

しかしそのためには、今のうちに幽体を鍛えておかなければなりません。
もし幽体の状態が悪く、死後、下の方の世界に行ってしまったら大変です。
暴力的な人ばかりの世界では、暴力から逃れるのに必死できっと家どころではありません。
せめて中間よりは上の世界に行けるようにしたいものです。

とは言っても、比較的上の世界に入れたら、やらなければならない大切なことがあるので、
家などどうでもよくなるのかもしれませんね。

 

【投稿者:はっぱ】