契山館 東京支部のブログ

東京が危ない! 霊的な環境の悪化が進む中で、最後に残された解決策はただひとつしかない。それはあなたが霊的な真実を知り、目覚め行動することである。

地球と死後の世界

こんにちは、ひよっこです。
今日は、ふと考えたことについて書かせていただきました。

その昔は人々が大地の上に住んでいることはわかっても、それが「地球」とは知りませんでした。
しかし、やがて進化論や世界について考え始めた人々がいる中に「地球は平ら」と考えいた人がいたらしいです。
海に出れば端があり落ちる…と考えたらしいのです。
これは、現代の人の中に死ねばおしまい、何もないと考えているに等しいのでは?と思いました。
しかし、人類の進歩と共に考えが変わり、ロケットや衛星の発明で「地球は丸い」という事実を知りました。
ですが、進歩を果たした人類はまだ「死後」という事実を知りません、考えて探求しようとすらしません、しているのは私が知っている限り水波先生だけでしょう。
人は目に見えるものしか追求できないのでしょうか?昔の人は地球と死後の世界についての事柄は見えないに等しい世界ではなかったのでしょうか?
考えた方々はいらしても、それが本当の死後世界でしょうか?霊魂が見えたとして、それは本当に真実でしょうか?
死体は見れば死んだとわかるのに、その人は死後どこへ行って何をしているかわかりません。
それを追求しないのは何故でしょう?

今一度、目には見えない死後の世界や霊的環境、霊魂について考えてみるべきではないでしょうか?
それは真の霊媒である水波先生が霊魂方と協力し、示しておられます。
貴方も霊的世界に興味を示してみてはいかがでしょうか?
 
【投稿者:ひよっこ