契山館 東京支部のブログ

東京が危ない! 霊的な環境の悪化が進む中で、最後に残された解決策はただひとつしかない。それはあなたが霊的な真実を知り、目覚め行動することである。

皆さんこんにちは、ひよっこです。
今日はとある書籍について紹介させて頂きます。

水波一郎先生の「龍」とう書籍についてです。
皆さんは、龍はいると思いますか?また、龍はお好きですか?
私は小さな頃からよく龍の絵を描いていました、おそらく某人気アニメの影響でしょう。
さて、龍とは世間体では「想像上の生き物」とされており、神社では龍神様など祀られています。
しかし、本当に想像上の生き物でしょうか?

この書籍では「霊魂」を前提として書かれた書籍です、つまりは龍という生命体は霊魂という事になり、明らかに想像上の…という話ではないのです。
人間の霊魂がいるとするならば龍も然りかもしれないですが、基本的には私達人間には見えません。
この書籍は私が一番最初に手に取り、一番大好きな書籍であり、一番感動した本です。
そして、人間が知らねばならない話が沢山!
思わず蛍光マーカーで大事な部分に線を引くほど人間には大切な知識が盛りだくさんというわけです!
そこで今日は少しだけ内容を紹介していきます。

龍と人間はこの世ではなく霊魂の住む幽質界に誕生しました、その昔は人間と仲が良く、また、人間の霊的な立場での先生として活動していたらしいのです。
しかし、ある時を境に人間は愚かにも龍という生命体を忘れてしまいました。

龍への攻撃、龍への恐怖心、人間は龍の心を傷つけてしまいます、それでも龍は愛が深く人々が地上で、また、幽質界で苦しんでいるのを助けようと働きます。
ここでは龍の話だけではなく、人間の守護霊様などの高級な霊魂方もでて来ており、共に神霊様の為に苦悩し毎日働く姿が書き記されています。
未熟な私ではここまでしか紹介できません。

先生の書籍は読んでいて大海原に出たかの様な気分になる時があります。(感想がおかしいですが(^^;;)
ともあれ、一度手に取り読まれることをオススメします!
一年前と一年後に読んだときはまた違う感動を覚え涙を流しました。
先生の書籍はそれ程に素晴らしいものです、読まずして死んでは勿体ない!そう思わせる感動の実話です!!

是非とも今日からお手に取りその目に焼き付けてください!

龍: 霊魂の世界から舞い降りた霊力

龍 霊魂の世界から舞い降りた霊力
 
 
【投稿者:ひよっこ