契山館 東京支部のブログ

東京が危ない! 霊的な環境の悪化が進む中で、最後に残された解決策はただひとつしかない。それはあなたが霊的な真実を知り、目覚め行動することである。

自然の脅威と人間の脅威

台風、地震と災害が続いています。

どちらの地域も知り合いがいたりして、よく遊びに出掛けるところであり、とても思い入れのある場所です。被災後の写真がアップされていたので見ていましたところ、お店の中は棚が倒れ、置物やお皿がバラバラと床に散乱していました。再開は未定であると・・・。

 

日本は災害の多い国で、地震や台風などあたりまえと思いますが、いざ自分の身に降りかかったときは、平常心を失い、途方に暮れることでしょう。

形あるものはいずれ壊れて無くなるとわかっていますが、やはり恐怖ですし、住む家が流されようものなら、当分の間は立ち直れないかもしれません。テレビの映像をボーっと見ながら、いろいろ考えていました。

 

一方で、山や田畑や海に生きる生物に思いを転じてみると、動植物たちは自然災害以上に、人間によって、住み家や生息域を犯され、危機にさらされているかもしれないと思いました。

 

ある日突然トラックやブルドーザーが入ってきて山を切り崩す。道路ができたので、車が通り、動物たちが轢かれて犠牲になる。害虫駆除のために上空から農薬が撒かれ、いつのまにかカエルたちが消える。そしてそれを餌にしていた鳥も絶滅。猛毒のハブを駆除するために人間の浅はかな判断により放たれた肉食獣が、今度は森に生きる絶滅危惧種の小動物を殺す。などなど。

 

しかし、人間の脅威は、物質の世界だけにとどまりません。

幽質界では、人間によって他の霊魂たちがたいへんな犠牲を強いられているようです。人間の霊魂は、見知らぬ霊魂に出会った時、恐怖のあまり戦いを挑み、念を浴びせ相手の幽体を切り刻む。猛獣たちは、これでもかというくらい幽体を痛めつけられる。

 

どうしてそこまで人間は凶暴になれるのか、理解に苦しみます。虐待を受け続ける他の霊魂たちを助けるには、地上の人間が霊的な知識を得て賢くなり、神伝の法により幽体を鍛えて下層の幽質界に落ちない。これしか方法はないです。しかし、地上の霊的環境は悪化するばかりで、人間は正しい霊的知識には聞く耳を持たず。

 

『二本足の霊魂 ~人間と霊魂の歴史~』に詳しく記述されていますので、ぜひお読み下さい。幽質界で被害を受けてきた霊魂たちの我慢は、もう限界を超えているようです。

 

【投稿者:jan】

あなたのそばにいるのは・・・

北海道で大きな地震がありました。

旭川に仕事関係の知り合いがいるのですが、聞いてみると深夜3時過ぎくらいに信じられないくらい揺れたとのこと。そしてその後停電となったそうです。当人は自宅含め無事だったそうですが。

被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

  

~・~・~・~・~・~

 

本日も霊魂のお話を。

守護霊、指導霊、補助霊、そして不道徳な霊魂や邪霊たちも私たちの目には見えない。

目に見えないからと言って、いないわけではない。

幽質は物質ではないので、幽体の存在である彼らを、肉体(物質)の目で見ることはかなわない。

 

ただ、

守護霊なら、あなたが何のために生まれてきて、何をすべきなのかを知っているかもしれない。

指導霊・補助霊なら、どうしたらあなたが霊的に目覚めてくれるか日夜苦悩されているかもしれない。

不道徳な霊魂なら、あなたの身体から間気が漏れていないか、くまなく調べているかもしれない。

邪霊なら・・・あまり想像したくないですね。手遅れでないことを願います。

 

 

今、私たちは何をすべきなのでしょうか?

 

 

指導霊団の言葉を霊媒として受け止め、書籍として出版されている方が、契山館を主宰されている水波一郎師です。是非あなたに、Amazonに20冊以上ある契山館の主張を読んでいただきたいと思います。そして入会いただいて霊的トレーニングを、神伝の法を手に入れて実践いただきたいと思います。

 

↓「再生」の話は必読です!

二本足の霊魂: 人間と霊魂の歴史

 

契山館 東京支部では見学のお申し込みを随時受け付けております。

「お問い合わせはこちら」からお申し込みください。お待ちしております!

 

よいち

 

なぜ信じる人となったのか

自分はどうして師のことを信じられるのだろう、霊魂のことを信じられるのだろう。まずは人それぞれだと思います。中には天の声を聴いた(!)という方もいらっしゃるのかも知れませんね。

先日、投稿させていただいた際には、奇跡を目の当たりにしたことがきっかけだったと書きましたが、奇跡を起こせる人=人生を託せる人、ではないですね。ですので、全く言葉足らずでした。自分の中のパラダイムが変わり、それからずっと霊魂の道を歩ませていただいたのは、やはり師の存在を何度か目の当たりにしたからだ思います。

いきなり話がそれるようですが、古い会報の、恐らくは師の直接の言葉に、「私は親鸞が好きである」の一言があったと思います。親鸞は、「師の法然の言葉に間違いがあって地獄に落ちたとしても本望である」と言ったそうです。

親鸞は生前、何らかの霊的知覚を持っていたという記述は残っていません。自分の霊的知覚でなく、念仏を広めることを中心とした精力的な宗教活動と、師の法然の存在そのものから、念仏の力を信じることができたのではと思います。無論、師の法然も霊的知覚はなかったのではないでしょうか。

法然との出会いがなければ、親鸞比叡山で学僧として勤め、ゆくゆくは天台座主として京の都を見下ろす人になっていたかもしれません。しかし親鸞は全てを擲って、都では危険分子として扱われていた法然のもとに駆け込むこととなりました。

比叡山からは、様々慰留活動や変節を批判する声もあったでしょう。お前はなぜそうまでして、と理由も問われたと思います。

その理由はもちろん私には分かりません。しかし想像しています。法然の書いたものや噂だけではなく、法然の講座を何度か聞いたからではないかと思います。

この人は本物である、この人は正しい、理詰めではなく、存在がそう訴えかけている、そう思ったのだと思います。法然天台座主となる道を約束されていたにもかかわらず、真実を求めて比叡山を下りた先達だったのでした。

いつも危険に晒されながらも、柔和な人格を持ち、周りの人をいつも感動させ、恐ろしく能力・見識があり、ポジティブで愛らしく、弟子と共に泣き笑いができる師匠は、他にない、この人に人生をかけてみたい、と思ったのだと思います。つまり、ずっと一緒にいたい、弟子でいたい、ということだったでしょう。

もちろん、親鸞と自分自身を比べようとする訳ではありません。

人が宗教活動に邁進するきかっけは、やはり人ではないかと思います。理詰めや、説得や、奇跡の呈示ではない。他の人のきっかけとなるような人材が、世の中に少しでも出て行くことだと思います。

師の教えが広められなければ人類に救いはないのにも関わらず、師は一人だけです。一方では、宗教を主張する人は、集団は、まずは否定されるところから始めないといけません。

協力し、助け合い、カバーし合い、守り合いながら、進むべきと思います。やがてはこのチームワークが、人を感動させる日も来ることを祈ります。

 

 【投稿者:イタル】

 

あおり運転

最近よく報道されるあおり運転。

以前からありましたが、死亡事故まで発生しているし

ドライブレコーダーが普及したこともあり、報道される機会も増えました。

 

私もかつて、トラックにあおられた経験者のひとりです。

片側2車線の国道で、前を走るトラックが遅いので追い越しました。

普通に追い越したので何も気にせず走っていたのですが

気が付くと、そのトラックがすごい勢いで追いかけてきて、延々とついてきます。

途中で右に左に曲がってトラックを巻いても、まだついてきます。

15分くらいで狭い通りに逃げて、ようやく難をのがれました。

 

あおる側の心理や、あおり運転を未然に防ぐ方法もネットで公開されています。

・自分の行く道を妨げられた

・侮辱されたと思った

・自分の車より小さい車や初心者を狙ってあおる

 

私の場合は、制限速度に近い速度で追い越したので

生意気だと思われたかもしれません。

 

しかし、これだけが原因ではありません。

実は、運転者と車本体の霊的な事情により

見えないところでさまざまな影響があるといわれています。

 

とくに、運転をしているときには、自分の中の奥深くに沈んでいる意識が

表面に現れやすいのだそうです。

運転すると、いつもの自分が豹変するタイプの人もいますよね。

適度な揺れと速度、一定のリズムでブレーキやアクセルを操作しているうちに

隠れていた意識がふっと表面に出てきます。

その意識に振り回されると、怒りの感情が抑えられなくなったり

いつものイライラがより増幅されて危険な運転に至ったり、と

よろしくない行動につながります。

 

さらに悪い事に、車本体にも危険が及びます。

つまり、霊的な環境の良くない道路を走ると、そこにある低い幽気が

車に付着してしまうのです。

さらに、高級車に乗っている場合は、他のドライバーから

ねたみの念を受けることもなきにしもあらず。

その念によって、車本体に低い幽気が付いてしまうのです。

そして、低い幽気にはイタズラしようとする霊魂が反応するので

交通事故を誘発することもあるのです。

 

運転する方もそうでない方も、ぜひみなさんにこの事実を知って欲しいです。

こうした状況を改善する方法が記された書籍が、Amazonから出版されています。

『神伝禊法』、『神伝鎮魂法』を読んでいただき

運転に限らず、さまざまな霊的な危険から身を守ることを始めてみませんか?

霊的トレーニングを行って、段階が上がれば

自分自身で、愛車の祓いもできるようになります!

 

【投稿者:jan】

 

大事なこと

私達は神霊に意識を向けるべきであり、霊魂という存在に意識を向けるべきである。

 

ただ、闇雲に意識を向けても、不道徳な霊魂たちが喜ぶばかりで、何もいいことはありません。特に霊的な環境も良くないこの現代では。

でも何もしなければ、霊的な問題を避けることができず、死後は不幸となってしまいます。

 

大事なことは、霊的な法則に従って高級な霊魂とつながること。

それができるのは、私が知っている限り、水波一郎師主宰の契山館だけです。

契山館が教える、「水波霊魂学」「神伝の法」を知ってほしい。

 

Amazonにて好評発売中!

神伝禊法 新時代の霊的トレーニング

神伝禊法 - 新時代の霊的トレーニング (MyISBN - デザインエッグ社)

 

神伝鎮魂法 幽体の救い

神伝鎮魂法 - 幽体の救い (MyISBN - デザインエッグ社)

 

契山館 東京支部では見学のお申し込みを随時受け付けております。

「お問い合わせはこちら」からお申し込みください。お待ちしております!

 

 

よいち

 

心霊スポット

心霊スポットに行く人は、今まで一度も幽霊を見たことがないから、そういう場所に行けば幽霊を見られるのではないか、と期待して行く人が多いそうです。

 心霊スポットは怖いという先入観がありますので、何かイヤな雰囲気を感じたり、背中がゾクゾクしたるするかもしれませんが、幽霊に遭遇するとは限りません。

 人が来るか来ないかわからないのに、霊魂も待ち構えてはいません。そんな退屈なことはしないのです。もちろん例外もあります。人が怖がるのを楽しみにしている霊魂もいるかもしれません。

 もし心霊スポットに行って、心霊写真が撮れたとか、その場ではあり得ない音が聞こえたとか、何かに触られたような気がしたとか、いわゆる心霊現象に遭遇したとしたら、それはまさに怖い、いえ、恐ろしいことなのです。

 心霊現象が起きるということは、不道徳な霊魂に間気を使われた可能性があります。
間気とは、肉体と幽体を接着している霊的な気です。
普段は身体外部に漏れることはありません。しかし、幽体が不調だと漏れることがありますし、とてもびっくりしたとか、何かの拍子に漏れてしまうこともあります。

 身体外部に漏れた間気は、霊魂にも扱えます。
この間気を使って、霊魂は人にイタズラをするのです。

 心霊スポットに行って心霊現象に遭うということは、病気でもないのにわざわざ病院に行って風邪をうつされてくるようなものです。
風邪なら時間がたてば治りますし、薬を飲めばよくなります。
しかし、霊的な障害はそうはいきません。

 人にイタズラする霊魂は、意識の低い霊魂と言えます。
その霊魂の幽気は穢れていますので、イタズラをされた人にも汚い幽気が付いてしまいます。その結果、幽体が不調になってしまい、長い間には肉体にも悪影響が出るかもしれません。また、汚い幽気が目印となり、その後もその霊魂に関与され、次々とよくないことが起こる、ということもあり得ます。

そして死後は下の方の世界へ行くことになります。

 たとえ心霊現象が起きなかったとしても、安心してはいけません。
霊魂は目に見えませんので、自分ではわからないだけで、霊魂にそばに寄られているかもしれないのです。


実は、心霊スポットに行かなくても、普通に生活しているだけでも霊魂の悪影響を受けることは多々あります。特に人が多く集まる場所には、イタズラできる人はいないかと霊魂も集まって来ているのです。

 不道徳な霊魂がたくさん来てしまったために、この世の幽気も穢れてしまいました。
街を歩いていても、汚い幽気と接触して幽体が不調になってしまうのです。
幽気も目に見えませんので、わからないだけです。
知らないということは恐ろしいことです。

ですから是非、正しい霊的な知識を身につけていただきたいと思います。
それは、水波霊魂学を学ぶ事にほかなりません。

 

【投稿者:はっぱ】

霊魂に関する意識調査 第一弾

遅ればせながら今夏に実施したアンケート結果のご報告。

霊魂に関する意識調査 第一弾

 

   ~・~ アンケート ~・~

  • この世に生まれてよかったですか?
  • 神がいると思いますか?
  • 自分は死んだら天国に行けると思いますか?
  • 死後幸せになれる方法は知りたいですか?

 

仔龍のオッシー君とお楽しみください。


霊魂の意識調査結果第1弾

 

 

よいち