契山館 東京支部のブログ

東京が危ない! 霊的な環境の悪化が進む中で、最後に残された解決策はただひとつしかない。それはあなたが霊的な真実を知り、目覚め行動することである。

仲良くすること

私たち霊的な道を歩む人たちは、まず、個々の集団で仲良くすることが第一なのではあるまいか。

特に、支部会の成果はこれに尽きるのではないかと思うこともある。

ずっと以前、とある宗教者が、兄弟子何人かと神社の境内を掃除するように指導者に言われ、きちんと掃除ができた、と言うことを仰っていた。

そこでは、ただ「掃除する」と言うテーマと、「決して声を出さない」と言う条件が与えられていたそうである。

その場ではリードする人がいたのだろう、と私は思ったので、その方に尋ねると、そうではない、と仰った。それではかなり難しい集団行動ではなかったろうか、と私は思った。手順の取り決め、道具の割り当て、作業の分担、時間の設定、自分が参加したならば、どこから掃除するかでもうお手上げである、と思った。

何を以て掃除の完了とするのかが、そもそも不明である。

しかし、全員の修行が進んでいたからか、静かに開始され、粛々と進み、静かに終了したそうである。

先輩も後輩もいたかもしれない。掃除が苦手、という人もいたかもしれない。

自分は普段から庭を綺麗にしているので、ああしたい、こうしたい、と考える人もいたかもしれない。

参加者のなかには、今日は特別に早く帰らなければいけない事情がある人もいたかもしれない。

でも言葉なくしては、正確な意図が伝わらない。

自分の他者への了解と、他者からの自分への了解がすべてである。

引っ張ることではない。無理にお手本を示すことではない。張り切って作業することではない。人に指示することでもない。

阿吽の呼吸こそが円滑化の手段である。

この人はここまでを掃除と考えているだろう。この人は普段から庭の掃除をしているようだから見習おう。この人は力持ちだから、大きめの掃除用具がよいだろう。この人があちらをやるようだから、自分はこちらから始めよう。この用具が余っているようなので、自分が使ってみよう。

他人がどう考えているかを推し量り、自分の行動がどう見えているかに配慮し、個々の事情を持ちながら、常に様子を伺い、自分でも行動する。

そしてスムーズにことが運ぶ。

これが協調というものなのだろう。

もっと手際良く、効率的な方法もあるだろう。彼らが去ったあと掃除のプロが見たら、ごみや埃が残っているのが目につくかもしれない。掃除、ということだけを捉えれば、無論、あまりレベルの高いものではないはずである。

しかし、全員が参加し、作業をし、終えている。これがひとつの成果であることは揺るぎない。

仲良しとは、厳かなものなのだ。

支部会とはそういうものだと思っている。

 

【投稿者:イタル】

 

親子で読んで考える霊的な童話集 子供たちのためのスピリチュアルなお話 - クリスマス編 -

前の記事でもご紹介させていただきましたが、今回はその「子供たちのためのスピリチュアルなお話 - クリスマス編 -」の紹介動画をお届けします。

 

是非ご覧いただいて、親子で霊的な世界について、読んでそして考えていただけると幸いです。

 

霊媒が贈る『子供たちのためのスピリチュアルなお話-クリスマス編』より


クリスマス 子供 朗読 短い『サンタクロースのおじいさん』

 

本にはクリスマスにまつわる6つのお話が載っています。

不思議で懐かしい6つのスピリチュアルな物語をお届けします

不思議で懐かしい、6つのスピリチュアルな物語をお楽しみください。


  

ご購入はこちらからどうぞ。

電子書籍kindle)版はこちら(下の本の画像をクリックしてください)

子供たちのためのスピリチュアルなお話: クリスマス編

 

紙の本はこちらからどうぞ。

子供たちのためのスピリチュアルなお話: クリスマス編 (MyISBN - デザインエッグ社)

 

エスのお話も出てきます。幽体のお話も出てきます。

現代は、物質ばかりに目が行ってしまい、あまりにも霊的な視点や考えが抜けています。

この機会に是非ご家族で、この本を読んで、なぜ霊的な視点が大切なのか、何をしなければならないのかを話し合ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

よいち

 

契山館 書籍のご紹介【子供たちのためのスピリチュアルなお話 - クリスマス編 -】

本日も書籍の紹介をさせていただきます。

 

本日はこちら、水波一郎 著

子供たちのためのスピリチュアルなお話

- クリスマス編 -

です。

 

クリスマスにまつわるスピリチュアルなお話が6編掲載されています。

どれもわかりやすく、文字も大きめなので、ゆっくり読み進めることができます。

是非お子様に読み聞かせてはいかがでしょうか。

 

電子書籍版はこちらから購入可能です(下の本の画像をクリックしてください)

子供たちのためのスピリチュアルなお話: クリスマス編

 

 

紙の本はこちらから

子供たちのためのスピリチュアルなお話: クリスマス編 (MyISBN - デザインエッグ社)

 

 

個人的には、5つ目の「高貴な御子(みこ)」のお話が興味深かったです。

この時期、この本を読んでご家族でクリスマスの意味、特に霊的な意味について話し合ったり思い直してみたりしてはいかがでしょうか。

もちろん大人でも楽しめる1冊となっております。

 

 

よいち

 

 

 

 

契山館 書籍のご紹介【霊魂研究へのいざない】

本日も書籍の紹介をさせていただきます。

 

本日はこちら、水波一郎 著

霊魂研究へのいざない -死後の世界や霊魂について学ぶには-

です。

もし死んだあとも『自分が続く』とした場合、死後はどうなるのでしょうか?

どういう仕組みで続くのでしょうか?

また、少し考えを進めて、

死後のためにあらかじめ何か準備しておくことはないのでしょうか?

こういったことが気になる方は、ぜひ読んでいただきたいと思います。

また

本書では、霊魂研究に欠かせない『霊媒現象』についても説明しています。

特に霊媒現象の難しさと霊媒の苦悩について、こちらもぜひ読んでいただきたいと思います。

そして叶うなら霊媒高級霊魂方からのメッセージを命懸けで受け取っていることを心の隅に置き留めていただければと思います。

 

 

個人的には、信じる心と真実を探求する意識を両輪で回していきたいのですが、これがなかなかうまくいかず・・・自分の無能さにイライラするばかりの毎日です。

 

Amazonにて発売中です。

霊魂研究へのいざない: 死後の世界や霊魂について学ぶには (MyISBN - デザインエッグ社)

 

 Kindle版は以下URLからどうぞ

霊魂研究へのいざない: 死後の世界や霊魂について学ぶには

 

 

著者の指導する修行法に関心がおありの方は「霊的トレーニング」をご覧ください。 

神伝の法の実習に興味がおありの方は「霊的トレーニングへのQ&A」をご覧ください。

著者の主宰する会に関心がおありの方は、こちらをご覧ください。

著書の紹介ページはこちら

 

よいち

 

 

契山館 書籍のご紹介【二本足の霊魂】

本日は書籍のご紹介をさせていただきたいと思います。

 

まずは、水波一郎 著、

二本足の霊魂 -人間と霊魂の歴史-

です。

Amazonの内容紹介にもありますように、

これまで誰も書かなかった霊的な真実、守護霊や指導霊、再生や地獄、人間と神霊の関係など、人々が本当に知るべき大切な事が書かれております。

高貴な霊魂方が示す霊的な真実とは・・?

なぜ「二本足」なのか・・?

いろいろと疑問に思うこともあると思いますが、

ぜひこの本から霊的な意味での人間を知って欲しいと思います。

人は物質(もの)だけではありません。

 

無神論があたり前にならないために

高貴な霊魂方が、物質の人間のために、いかに苦労されているかを、

そしてその思いを知って欲しいと思います。

 

 

Amazonにて発売中です。

二本足の霊魂: 人間と霊魂の歴史 (MyISBN - デザインエッグ社)

 

Kindle版は以下URLからどうぞ

二本足の霊魂: 人間と霊魂の歴史

 

 

著者の指導する修行法に関心がおありの方は「霊的トレーニング」をご覧ください。 

神伝の法の実習に興味がおありの方は「霊的トレーニングへのQ&A」をご覧ください。

著者の主宰する会に関心がおありの方は、こちらをご覧ください。

著書の紹介ページはこちら

 

よいち

 

最近、うちの近くに新築の家が建ちました。
以前住んでいた方が土地を売却したらしく、いわゆる建売住宅として販売しています。

古い家を取り壊し、土地を整備し、基礎工事をし、その後やっと家の建築です。
家ができた後は、門や駐車スペースなどの外構工事をして完了です。

当然のことですが、工程ごとに専門の職人さんがいますので、何か月もの間入れ替わり立ち替わりして、
大勢の人の手によって1軒の家が完成しました。
今年の夏は特に暑かったので、職人さんも大変だったと思います。
そして今は、土日には不動産業者と思われる人が張り付いて、内覧者を待ち受けています。

土地や建築資材も高いのでしょうが、あれだけの労働力を必要とし、儲けも入れなければならないと
なると、家が何千万円もするのは致し方ないのかなと思いました。

戸建てにしろマンションにしろ、持ち家にしろ賃貸にしろ、家がなければ生活できません。
住宅ローンや高い家賃を払うために、汗水たらして働かなければならないのは虚しいわけではありませんが、
なんとも複雑な気持ちです。
その分のお金を他のことに使えたらなぁ、などと思ってしまいます。


生活のために重要な家ですが、なんと、あの世では念の力で家を作ることが出来るそうです!
この世では住宅でこんなに苦労しているのに、あっという間に家ができるなんて!

もっともあの世では寝ることも、食べることも、休息をとる必要もないので、家は本当は必要ない
のかもしれません。
しかしこの世での習慣で、どうも家がないと落ち着かないらしく、大抵の人は念で家を作って住んでいる
ようです。
そして、念の力で家を壊すこともできるそうです。
なんとも不思議な世界ですね。


このことを知ってから、あの世に行ったら念の力で豪邸を建てようと目論んでいます。
そしてたくさんの犬や猫と暮らしたいなどと思っています(笑)

しかしそのためには、今のうちに幽体を鍛えておかなければなりません。
もし幽体の状態が悪く、死後、下の方の世界に行ってしまったら大変です。
暴力的な人ばかりの世界では、暴力から逃れるのに必死できっと家どころではありません。
せめて中間よりは上の世界に行けるようにしたいものです。

とは言っても、比較的上の世界に入れたら、やらなければならない大切なことがあるので、
家などどうでもよくなるのかもしれませんね。

 

【投稿者:はっぱ】